夏のビューティーレッスン beauty lesson of summer

夏の肌環境

真夏の太陽の下では、日焼けなどの肌ダメージが気になりますが、日焼け対策だけでは万全とはいえません。照りつける日差しの怖さはそれだけではありません。紫外線は肌表面の角層の水分を奪い、お肌のハリや弾力を保っているコラーゲンを破壊してしまいます。また、紫外線はDNAレベルでも肌を傷つけるので、ターンオーバーが乱れやすくなります。そして、古い角質がたまり、これが肌のゴワつきやくすみの原因になるのです。

さらに、この季節は汗をいっぱいかきます。 それをそのまま放っておくと、肌の上で結晶化した塩分などのミネラルが肌を刺激してしまいます。しかも、暑い屋外で汗をかいて屋内に戻れば、エアコンの効いた室内で、肌の水分が奪われるばかりか、冷えで血液の流れが悪くなり、細胞の生まれ変わりに悪影響をもたらします。

夏のお肌ケア

紫外線の肌への浸透

角質ケアでうるおいの
受け入れ準備

汗やほこりのついたお肌を清潔に整えましょう。
お肌のくすみやごわつきの原因にもなる古い角質を丁寧にクレンジングや洗顔でやさしく落とし、週に1~2回はマスクでのお手入れも取り入れましょう。

お肌にしっかりうるおいを…

汗をかいてお肌はベトベトしていても、角質層は意外に乾燥していてインナードライ(脂分が多く水分が少ない状態)になっていることが多いので十分な保湿が必要です。化粧水でパタパタ、パッティングしながらうるおい成分を浸透させて、美容液の受け入れ準備を整えましょう。ローションパックもおすすめです。

美容液でお肌を元気に…

角質の状態が整ったところで、美肌効果の高い美容液をしっかりなじませましょう。首やデコルテも忘れずに…。夏は外と室内の温度差や冷えにより代謝機能が低下してターンオーバーも悪くなります。お肌を元気にすることが必要です。

紫外線カット

汗ばむ夏、スキンケアはとても大切です。まずはシミ、シワなど様々なトラブルの原因となる紫外線をしっかりカット。


太陽に負けないしっかりスキンケアで夏肌美人に。